リモートアクセス(学認)

学認用ID(TUAT-ID)を利用して学外からも一部の電子ジャーナルやデータベース等をご利用いただけます。
利用は在学生、教職員等に限ります。<電子ジャーナル利用上の注意>を守り、正しくご利用ください。

学認(Shibboleth認証)による利用方法

  1. 学認を利用できる電子ジャーナル/データベースにアクセスし、ログインボタンを押す。
  2. ログイン画面で機関ログインを選択する。
    「Institutional Login」や「Log in via Shibboleth 」等、サイトごとに表現が異なります。
  3. フェデレーション(GakuNin)や所属機関(東京農工大学/Tokyo University of Agriculture And Technology)を選択する。
  4. 認証画面でTUAT-IDとパスワードを入力する。
  5. サイトを運営している出版社等に渡される情報(所属機関や身分(student/faculty/staff)等)が一覧表示された場合は確認し、問題がなければ Accept をクリックして認証を進める。

Web of Science等のデータベースから電子ジャーナルの本文にアクセスした場合、再度、学認のログインを求められる場合があります。

学認を利用できるサービス

本学が契約しているタイトルのみ利用ができます。サイト上のすべてのタイトルが利用できるわけではありません。

電子ジャーナル

データベース

学外からWeb of Scienceにアクセスしたことのあるパソコン等の端末の場合、学内ネットワークからWeb of Scienceにアクセスすると、認証方式の選択画面が表示される場合があります。
認証方式の選択画面が表示された場合は「IP認証」を選択してアクセスしてください。

TUAT-IDについては総合情報メディアセンターのWebサイトで、確認してください。
https://sites.google.com/a/go.tuat.ac.jp/imc/home/info-id

学認の詳細については学術認証フェデレーションWebサイトをご覧ください。